血糖値を下げる食品

血糖値を下げる食品 | 大豆100%麺の効果とは!?

 

血糖値を上げない、
大豆100%麺。

炭水化物の摂り過ぎが、糖質の体内溜めこみにつながり、血糖値の上昇につながっているとは、一般的にも広く言われ続けられている警告ですが、ごはんやパン、それに麺類などの主食分野で減らしていくのは、本当に難しいことです。

 

良質で栄養バランスの優れた大豆の効果も、昨今では広く知られていて、大豆製の食品が多々作られてはいますが、全体的にみると、大豆の摂取量は減ってきているのが現状なんです。

 

その主食部分の麺タイプに焦点を当てて作られた製品が大豆100%ソイドルです。

 

ソイドルは麺がのびることもないので、時間を気にする必要はなく、イソフラボンが豊富な大豆は、また炭水化物より消化が緩やかなので、いわゆる腹持ちが良く、難しい“間食カット”も、空腹を気にすることなく、実行しやすいですね。ダイエットには優れたパートナーなんです。

 

糖質がほとんどない大豆麺・ソイドルは、ダイエット以外で糖質を制限されている場合にも利用できる麺なのです。

 

 

 

 

血糖値を下げる食品。

血糖値は、食事直後から摂取値が分るくらいに顕著です。高血糖の悩み解消、ダイエットを志すには、相応の食品に絞って摂ることが重要な課題になります。

 

ダイエットに影響する脂質とかタンパク質などは、血糖値の上下に関しては無関係と言われている食材ですから、血糖値を下げることに焦点を当てるなら、“糖質の制限”一点に絞ることができます。

 

血糖値を下げるには、順次食材が吸収されていくことを考慮して、食べる順位も心得ておくことが必要ですね。まず、野菜からそして次に海藻やきのこ類などへ、という順序が目安だと言われています。

 

また、大豆は血糖値をあげない食品の筆頭。大豆の主食面への応用で、一日の摂取糖質を難なく下げていくことができるわけで、考案され作られたのが、大豆100%の麺“ソイドル”なんです。

 

このように過剰摂取禁物にこだわりたい糖質です。大豆は炭水化物に比べて消化速度がゆっくりの腹持ちの良い食品ですから、糖質の摂り過ぎを避けやすくする食材でもあります。